ギャンブル依存症 克服

~ギャンブル依存を克服し輝かしい未来を手に入れるために~

【パチンコ依存症】パチンコで借金して後悔した話 借金と人生

      2015/11/13


借金をしてまでパチンコを打ってしまう人は多い
パチンコを打った時の高揚感、確変によってどんどん連荘する感覚。

 
この連荘が何回でも続くものと思っていた。

 
しかし、現実は甘くない。

 
打てば打つほど減っていくお金、そして遂に自分の手持ちのお金が底をつく。
ATMに走っては台に戻り、また手持ちのお金が無くなってはATMに走り。。。

 
こんなことを繰り返しているうちに、いつしか口座のお金が底をつく。
そして、口座のお金が無くなったら今度は「キャッシング」の言葉が脳裏によぎるのだ。

 
一度だけなら、返せる範囲でなら。
このように考え始めたらやばいと思った方が良い。

 
最初は少額であっても、じわじわとパチンコによって借金地獄に引きづり込まれるからだ。

 
今回はパチンコで借金して後悔した話について書きたいと思う。

 

 
パチンコで借金して後悔した話 借金と人生
 

 

初めてクレジットカードを作った

初めてクレジットカードを作った
俺が18の時、初めてクレジットカードを作った。
クレジットカードはパチンコを打つ為ではなく、「万が一」の為に作ったものだった。

 
俺は専門学校に行って情報処理の勉強をしていた。
勉強してからプログラマーやシステムエンジニアになろうと思ったからだ。

 
学生時代はバイトをしていたため、ちょっとした収入はあった。
年収でいえば100万円といったところか。

 
年収100万円あって、そこそこ安定した収入源とみなされた場合、甘めのクレジットカードの審査だと通過する。
始めて作ったクレジットカードの限度額はショッピング・キャッシング合わせて10万円だった。

 
俺は家の家計が苦しい事もあって、自分で払えるものはすべて自分で払っていた。
時にはバイト代だけではぎりぎりの支払いの事もあった。

 
いざ払えなくなった場合はやばいと思い保険の意味合いが強かった。

 
しかし、ふと俺の目の前にパチンコ屋が目に入ったのだ。

 

 

 

 

始めてのパチンコと借金はしないぞという決意

始めてのパチンコと借金はしないぞという決意
俺の家の家計が苦しかったのは、そもそも父親がパチンコにのめり込んで作った多額の借金が原因だ。
父親は定職についていたが、その借金の返済でほとんど子供の生活など賄えない。

 
もちろん借金があるという事は貯金もない。

 
そんな家庭に生まれ、パチンコは勝てないとわかっていながらも「俺なら勝てるかもしれない」そう思ってしまったんだ。

 
始めは少額でプレイした。
そもそもパチンコの楽しさや良さなんて感じなかった。
なんて楽しくないんだというのがパチンコの第一印象。

 
初めてのパチンコの日は3000円くらいプレイして帰った。時間にして20分も店にはいなかったと思う。
当然のことながら当たりなんて一度も引けていない。

 
学生時代のバイトの身分としては3000円は貴重なお金だ。
自分はパチンコを打ったことをその時後悔した。

 
「こんな風にパチンコを打つ人はどんどんお金を吸われていき、そして借金をするんだな。俺の親父も同じか」なんて事を考えていたのを覚えている。

 
俺は自分の財布の中にあるクレジットカードを見て思った「俺は借金をしてまでパチンコを打たないぞ!」
しかし、この思いとは裏腹にパチンコに依存してしまい26歳となった今は200万円ほどの借金がある。

 

 

 

 

パチンコ友達が出来る パチンコにのめり込む

パチンコ友達が出来る パチンコにのめり込む
俺は学校帰りによくよる場所があった。
学校のすぐ隣にあるバッティングセンターだ。

 
バッティングセンターの店長のオッチャンと仲が良く、ただでバッティングをさせてくれることもありよく遊びに行っていた。

 
バッティングセンターには一人で遊びに行くわけではない、学校の仲の良い4人組が居て、そいつらとだ。
その仲の良い4人組の内の一人に当時26歳の男性が居た。

 
俺はその4人組で談笑していると、ふと昨日の事を思い出し、話してみた。

 
俺:「昨日初めてパチンコ屋に行ったんだけれど負けちゃったよ」
26歳男性:「いくら負けたの?」
俺:「3000円入れて一回も当たらなかったんだ」
26歳男性:「そりゃ負けの内に入らないよ!」

 
こんなやり取りをしていたのを覚えている。

 
どうやらバッティングセンターのオッチャンもパチンコが好きだったようで話に花が咲いた。
俺は主にこの「バッティングセンターのオッチャン」と「26歳男性」にパチンコについて教わった。

 
爆裂すると何十万円も勝つことがある事、1000円でも出るときは出るなんて事も。
俺はその話を聞いて夢を抱いてしまったのだ。

 
そしてパチンコの世界へとのめり込み毎日パチンコを打ちにいく事になる。

 

 

 

 

初めての借金 初めての後悔

初めての借金 初めての後悔
毎日パチンコを打つようになっていた俺は学校の昼ごろになるとパチンコを打ちたくなって仕方なくなっていた。

 
体がうずうずしている。
今この時も誰かが俺の座るはずだった台に座ってあたりを連荘させている。

 
こんな考えが自然と浮かんできていてもたってもいられなくなっていたのだ。
今考えれば完全にギャンブル依存症であったと自覚している。

 
基本的に±0で進んでいたが、負けが込むことがあり、とうとう手元のお金が無くなってしまった。
そんな時にふと目に入ったクレジットカード。

 
「俺は借金はしないんだ!それにこれは万が一のための物だ!」そう考えその時は借金をしてパチンコを打つような事はしなかった。
しかし、いかんせん携帯電話の支払いなどが滞ってしまう。

 
当時、彼女が居た俺にとってこれは死活問題だった。

 
「携帯電話の支払いだけはクレジットで払うか。ちくしょう」

 
パチンコを打ったことを初めて後悔した瞬間だった。

 

 

 

 

生活を工面するための借金が、パチンコを打つ為の借金へ変わる

生活を工面するための借金が、パチンコを打つ為の借金へ変わる
image-291″ />
俺はバイト代が入っては借金を返済し、基本的に借金はゼロに保つように心がけていた。
もちろん借金返済にお金を回したのだから、次の月は苦しい生活を強いられることになる。

 
それでも、パチンコ屋に通っていた。
しかし、ふと悪魔のささやきが俺の脳に直接話しかけてきた。

 
「どうせ携帯代で借金するんだから携帯代分をキャッシングで先に借りて、パチンコで勝てばいいんじゃない?」
「そもそもパチンコ打って借金して携帯代払ってんなら、パチンコを打って借金しているのと変わらないんじゃん」

 
これが「生活を工面するための借金」が「パチンコを打つ為の借金」へ変わった瞬間だった。
今ではこの考えに耳を貸した事を後悔している。

 

 

 

 

パチンコを打たなければいけない状態になる 多くの物を失う後悔

パチンコを打たなければいけない状態になる 多くの物を失う後悔
俺は借金をしてパチンコを打つようになる。
限度額は10万円だから大した借金額ではなかったが、それでも学生の身分で10万円は大きな額だ。

 
「一回勝てば何十万円・・・」

 
そんなことを考えると「パチンコを打って借金を返済しよう」と考えるようになる。
そして浮いたお金で好きな物を買おうなんて事も考えてしまっていた。

 
完全なアフォだったのだ。

 
しかし、現実はそうはいかない。
借金を返済しては返し、また借金をしては返しの繰り返し。

 
その上、当時付き合っていた彼女とは連絡も取らなくなり挙句の果てに振られてしまった。
「こんな男だから当然だ」と思おうとしていた。しかし、大きな物を失った後悔が体の痛みとして襲ってくる。

 
パチンコをしている時間を使って勉強していれば・・・
パチンコをしている時間や金を使って彼女と向き合っていれば・・・
パチンコに使う金を貯金に回していれば・・・

 
こんな事を考えていた。しかし、ここまで来てしまってはもう後には引けない。
パチンコなんて打つんじゃなかった。多くの物を失った事はわかっていた。それでも俺はパチンコを辞める事が出来なかった。
いや、正しくはパチンコを打たないと今の自分が情けなくてしょうがなかったのだ。

 

 

 

 

多重債務と現在に至る

多重債務と現在に至る
パチンコの研究を重ねた、パチンコ以外のギャンブルもした。
俺はそんな時間のなかで学校を何とかギリギリで卒業し、プログラマーとして働き始める事となった。

 
収入はマズマズ、多忙だが稼げる方だったと思う。
今までの生活から限度額10万円のカードだけではやってけないとその時思い、複数のクレジットカードを持つことになる。

 
そもそも10万円は大金だ。今考えれば金銭感覚が完全に狂っていた。

 
多くのクレジットカードを持つ事になり、更にパチンコにのめり込んでいく俺。
借金をしては返し、借金をしては返しの繰り返しが慣れっこになってしまっていた。

 
しかし、パチンコはじわじわと借金を増やし、最後には負けに負け続け200万円の借金を生む結果となった。

 
プログラマーとして働いていた企業がブラックだったこともあり、やめざるを得なくなった。
命の危険が迫るほどの労働の連発だったからだ。

 
俺はその後無職となり、失業保険をもらいながら生活をする事になった。
失業保険で借金返済なんて最悪な男だが、そうするしかなかった。

 
ほどなくして今働いている職場を見つけ、何とか働く事が出来ている。
しかし、その職場は「介護」の現場で、とてもじゃないがカツカツの生活だ。

 
それでも今は借金返済をしながら地道に仕事を続けている。

 

 

 

 

パチンコで借金して後悔 もう取り戻せない人生

パチンコで借金して後悔 もう取り戻せない人生
これまでの俺の話を聞いてお分かりいただけただろうか。
俺はパチンコを打たず、堅実な生活をしていればもっとましな人生を送る事が出来たのだ。

 
今でこそパチンコ依存症、もといギャンブル依存症を克服し、新しい人生を切る事が出来ているが、パチンコで借金をした事に後悔している。
パチンコを打たなければきっと借金をする事はなかっただろう。

 
学生たちやバリバリ稼ぎまくるサラリーマンがまぶしく見える。
今の職場に不満があるわけではない、働かせてもらえているだけ本当にありがたい。
しかし俺がもともと持っていた理想とは程遠い存在となってしまったのだ。

 
俺はパチンコによって約10年ほどの時間を無駄に過ごしてきてしまった。
かけがえのない時間となるはずだった10年を、この先一生かかっても取り返す事は出来ないだろう。

 
それでも自分が作ってしまった多くの借金を返済しつつ、前へ前へと進むしかないのだ。

 
パチンコは多くの物を失う、今でなくてもこの先に失うかもしれない。
俺は今だからある程度の再生が効く面もあるが、それでも完全ではない。

 
もしパチンコにのめり込んでいる人が居たらこの言葉を贈る。

 

 
もう君自身の人生の為に、パチンコをやめてあげてもいいんじゃないかな?

 

 

 

 

パチンコ・ギャンブル依存症を克服する方法

パチンコ・ギャンブル依存症を克服する方法
俺はパチンコ依存症、もといギャンブル依存症を自力で克服した。
10年にもわたって俺を苦しめてきた病魔をやっと退治する事が出来たのだ。

 
ギャンブル依存症は正しい知識と方法を行えば必ず克服できるものだと俺は思っている。
このブログにはそういった正しい知識を随所に配置しているので、もし悩んでいる人が居たら是非このブログを見て頂きたい。

 
具体的に俺が自分でギャンブル依存症を克服した方法については「【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症を自力で治療する方法と治療成功談」に記している。

 
実際に俺はこの方法を試して、10年にもわたって連日通い続けたギャンブルを絶つことが出来ている。
今ではパチンコ屋やパチンコ屋の宣伝広告を見るだけで嫌悪感を抱くほどだ。

 
あなたがこの先、俺のような大きな後悔をしない為に書き上げた記事なので是非ご一読頂きたい。

 

 

 

 

パチンコで作った借金を返済する方法

パチンコで作った借金を返済する方法
パチンコで借金をするのはパチンコ依存症である。
パチンコ依存症であるなら、パチンコ依存症を克服する事が先決なのは、わかるだろう。

 
パチンコで作った借金を返済するには、ただ借金を返済するだけではだめだ。
俺のように借金を返済しては、また借りて、借金を返済しては、また借りてのループに陥る事が一番恐ろしい。

 
つまり、パチンコ依存症にはパチンコ依存症の返済の方法があるのだ。
その方法について紹介しているのが「【パチンコ依存症】パチンコ依存症で借金 返済の計画とやること」だ。

 
この記事ではパチンコ依存を取り払いつつ、無理のない返済計画について提案している。
万が一どうしても返済できない場合の手立てについても紹介している。

 
パチンコで借金を作ってしまい後悔している方には必ずお役にたてる記事だと思っている。

 

 

 

 

借金返済を早めるならこれも知っておこう

もしあなたが借金などの消費者金融からお金を借り入れていて、借金返済を少しでも早めたい、もしくは借金返済をもっと効率よくスピーディーに行いたいと考えるのであれば、これから紹介する事についても知っておこう。

 
借金を返済するのであればやはり借金そのものの額を落としたりする事がとても重要なのだ。
借金の返済をする上では必ずお役にたてる情報なので是非活用していただきたい。

 

 

 

借金返済でおまとめローンは必須!金利を下げて返済を楽にしよう!


【借金返済】おまとめローンは必須!金利を下げて返済を楽にしよう!

「おまとめローン」というのは複数の業者からの借金を、借り換えによって一本化する方法のことだ。
複数の業者から借金をしていると月々、それぞれの消費者金融や銀行などから請求が来るのだが、それを一つの銀行のローンとして一本化する事が出来る。


おまとめローンを使うメリットは上げ始めるとキリがない。実際に俺もおまとめローンを使ってローンを一本化したのだが、月々の返済においても経済的な負担、心理的な負担は大幅に軽減される。


俺自身が利用して感じ、一般的にもおまとめローンのメリットとして挙げられるものが次の通りだ。

  • 金利が低くなり、総合的な借金の額が軽減される
  • 返済の管理が一つのローンにまとめられる事で容易になる
  • 毎月の返済の額が小さくなる
  • 自転車操業状態が解消される
  • 返済日が統一される
  • 月々支払いに対する恐怖心が軽減される



おまとめローンであってもやはり金利や利率といったものが存在する。金利や利率が存在する以上は借り入れた額以上の借金を返済する事となるのだが、一般的な消費者金融のキャッシングと比較すれば「3%~4%」、おまとめできる額が大きければ「最大10%以上」も軽減される事がある。

 
もちろん、おまとめ出来る額面にも、その会社毎の審査があるのだが、信用情報が焦げ付いていなければ最初から大きな額面を借入れ出来る可能性も秘めている。

 
複数の消費者金融に対して借り入れをしていると返済日がバラバラで、かつ月々の返済額も大きいものとなるだろう。
例えば「A社に25日に10万円」「B社に20日に5万円」「C社には月末に1万円」の返済だったとすると、月々合計16万円は必須で返済する事になり、かつ返済日もばらばらなので、返済額の管理どころか、自分の口座のお金の管理も大変になる。

 
気が付いたらA社から電話がかかってきて「引き落とせてないんですが?」と言われる不慮の事故状態になる事もあるのだ。

 
おまとめローンを使うと例えば「おまとめローン社に月25日に最低5万円を返済する」という返済方法に変わる。返済先も「おまとめローン社」にまとめられるので管理もかなり容易となるのだ。

 
月々の返済額が低くなればA社の返済が遅れるからB社から借り入れよう!なんて自転車操業状態も解消される。それでいて自分の生活を守る事にもつながる。
つまり、月々の支払いに対する恐怖心が軽減されるのだ。


おまとめローンのメリットについて述べさせていただいたが、おまとめローンと上手に付き合っていく上では、おまとめローンと言えども、やはり誰か(どこかの会社)から融資を受ける(借金をする)事には変わりはないという事は重々承知しておこう。
おまとめローンによってキャッシングの枠が復活したとしても、完全に気を緩めない事が肝心だ。

 
もし、借金をする元凶となったのが何かしらの依存(買い物依存症、ギャンブル依存症)であった場合は、依存症治療を即刻始める事が必須だ。


おまとめローンを今申し込まなければならない理由
特別な事情(金銭を多く消費する依存症などにかかっている)を除いては、おまとめローンは今すぐ申し込むべきだ。
おまとめローンを今申し込まなければならない理由をわかりやすく項目でまとめると次のような理由があるのだ。

  • 審査に通らなかった時の事を考えて
  • 今日も「金利」は増えている
  • あなたのすべきことは借金の管理だけではない



おまとめローンは融資を受ける会社にもよるが審査に通らない事もある。1社目で審査に通らなかったら次に起こす行動と言えば2社目の、おまとめローンの申し込みだろう。

 
審査の通過や審査そのものには時間がかかる事もあるため、早めに1社目を申し込む事が重要なのだ。


金利は月々上乗せされているように思うが、実際は日ごとに金利に応じた額が借金に上乗せされている。
今日、こうしている間にも、あなたの借金の額は少しずつではあるが上乗せされているのだ。


例え、1日で増える借金が牛丼一杯分程の金額だったとしても365日積み重なれば多額の違いとなるのだ。


実際にあなたが本当にしなければならないのは「借金の返済」ではないはずだ。
もちろん、借りた金は返さないと大変な事になってしまうので、返済は絶対にしなければならない事の一つだ。

 
しかし、借金にとらわれていると借金の事で頭がいっぱいになり他の事が考えられなくなる事もしばしばあるのではないだろうか?
本当は他に考えるべき事があるのではないだろうか?


借金返済は大事だが、全ての事が借金返済の事でないがしろになってしまうのは、やはり望ましくない結果と言える。

 
おまとめローンで少しでも借金返済に対する悩みや苦悩を取り除き、借金の管理だけでなくあなたの周り、あなた自身の人生、あなたなりの未来を考える時間を確保し、幸せになる事を考える時間を増やしてみてはどうだろうか。


では、次にオススメのおまとめローンについて紹介して行こうと思う。ここでは、おまとめローンだけではなく、「利用すれば、おまとめローンに相当する効果がある」サービスもまとめて紹介している。

 
各社のサービスには申し込みがしやすいようにリンクを貼っておくので、申し込みの際はリンクをクリックすればすぐに申込みが出来るので是非活用していただきたい。

 
ここでは、金利や年率という言葉は「実質年率」という言葉を使っているので置き換えて読んで頂ければと思う。
オススメのおまとめローンとしては次のような会社のおまとめローンがある。

  • 株式会社Any(おまとめローン)
  • ユーファイナンス(おまとめローン)
  • 中央リテール(おまとめローン)

 
それぞれのおまとめろーんについて具体的に見ていこう。










株式会社Anyは、おまとめローンの他、急な出費にも備える「1Day ダイレクトローン」などの商品を取りそろえている。
貸金業法に基づいた、おまとめローンとなるので既に他社から借り入れがある人でも「年収の3分の1以上でも申し込みが可能」である。

 
また、過去に自己破産・債務整理の経験のある人も相談可能である事も可能性が広がる。
過去に自己破産・債務整理の経験のある人も諦めず、融資の相談をしてみてはどうだろうか?

 
株式会社Anyの、おまとめローンの申し込みは次のリンクのホームページから申し込む事が出来る。
おまとめローンならキャッシングエニー

 
株式会社Anyのおまとめローンの特徴についてまとめておくと次の通りだ。

  • 年収の3分の1以上でも申し込みが可能
  • 実質年率:5~15%
  • 最長10年のゆとりのある返済が可能
  • 担保・保証人:不要

 
株式会社Anyのおまとめローンを利用する上でのメリットは次の通りだ。

  • 柔軟な審査で一人一人のお客様に丁寧に対応している
  • 返済は毎月1回、給料日あとの設定でゆとりの返済計画が組める
  • 24時間いつでも申込可能
  • 全国対応
  • 過去に自己破産・債務整理の経験のある方も相談可能
  • 柔軟な審査で評判

 
キャッシングエニー Webで24時間受付可能です










ユーファイナンスは、おまとめローンをメインに力を入れている。
顧客の希望、要望にスピーディーかつ丁寧に対応してくれるのが魅力のオススメの、おまとめローンの会社だ。
貸金業法に基づいた、おまとめローンとなるので既に他社から借り入れがある人でも「年収の3分の1以上でも申し込みが可能」である。
複数社の借金を一本化したい!返済日を月一回にしたい!月々のご返済金額を下げたい!という人は、おまとめローンを申し込もう。

 

ユーファイナンスの、おまとめローンの申し込みは次のリンクのホームページから申し込む事が出来る。
1本化ローンのユーファイナンス

 

ユーファイナンスの、おまとめローンは「ビックローン」という商品名で、おまとめローンが可能だ。
ビックローンの特徴についてまとめておくと次の通りだ。

  • 融資金額:100万円~700万円
  • 実質年率:7.3%~15%
  • 担保・保証人:原則不要

 
ビッグローン










中央リテールは、おまとめローンをメインに力を入れている。
貸金業法に基づいた、おまとめローンとなるので既に他社から借り入れがある人でも「年収の3分の1以上でも申し込みが可能」である。

 
他の、おまとめローンと比較すると無担保での実質金利が低いので高額の借入の返済でない場合でも実質的な借金総額を低くする効果を見込める。
中央リテールの、おまとめローンの申し込みは次のリンクのホームページから申し込む事が出来る。
おまとめローンなら中央リテール

 
中央リテールのおまとめローンの特徴をまとめておくと次の通りだ。

  • 融資金額:~500万円(無担保ローンの場合)
  • 実質年率:10.95%~13%
  • 担保・保証人:不要(無担保ローンの場合)

 
高金利からの借替なら中央リテール

詳しくは「【借金返済】おまとめローンは必須!金利を下げて返済を楽にしよう!」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

借金を早く返すコツ!空いた時間を活用しよう!


【借金返済】借金を早く返すコツ!空いた時間を活用しよう!

借金を早く返すコツを紹介する上で、そもそも「何が借金返済を困難にしているか?」という事をしっかりと認識しよう。
借金返済を早くする上では「コツ」はとても重要なのだが、「コツ」とは要するに「テクニック」のことなのである。

 
テクニックというのは、そもそものプレイする地盤が整備されていて初めてその効果を発揮する事が出来るのだ。
サッカーであればどんなに優れたテクニックを持っている人であっても『海』の上ではそのテクニックを最大減発揮する事は出来ないだろう。
サッカーをするのであればしっかりと「サッカーコート」を用意し、その上でプレイする事で「コツ=テクニック」を発揮しゴールを目指す事が出来る。

 
つまりは、借金返済を進める上で「困難」を生むものを予め取り除いている事は「コツ」を使う上で何よりも大事なのだ。
借金返済を困難にする原因を取り除いたうえで、これから紹介するコツを是非活用して頂ければと思う。


借金返済を早めるコツは「空いた時間」を活用する事
借金返済を早めるコツは何よりも「空いた時間」を活用する事だ。

 
借金が出来るという事は、つまり「借金が出来る仕事をしている(信用がある)」という事がまずは大前提にある事だろう。
特殊な事情により職には就いていないが借金があるという人も中にはいる事だと思うが「仕事」をしている時間以外は要するに「空いた時間」とここでは定義させていただこうと思う。

 

「時は金なり」という言葉を誰しも聞いた事があるだろう。それと同じように「空いた時間も金なり」なのである。
空いた時間を有効活用する事で、ただの時間の経過を「お金」に変えていく事が可能なのである。

 
もちろん「お金」という価値ある「物」に時間を錬金するには「価値ある時間」を過ごす必要がある。
この「価値ある時間」を「お金」に変え、借金の返済に充てていくのである。


借金返済を早める手段 価値ある時間を過ごすメソッド
借金返済を早めるコツというのは「空いた時間を価値ある時間に変える事」である事を述べた。
では実際に何をすべきか?という事なのだが、こればかりは本当におびただしい量の「出来る事」がある。

 
ここで述べるにも「10万文字あっても語りつくせないほどの方法」があるのだ。ここでは誰でも取り組みの安い方法をメソッドとして示しておこうと思う。
借金返済を早めるには「誰か、もしくはどこかとの関わり」が重要である。誰かが居るから自分に対して「お金」が入ってくるのだ。

 
そこを踏まえた上で、借金返済を早める手段を紹介すると次のようなものがある。

 

  • 金券買取
  • あなたの「不満」を買い取ってもらう
  • アンケートモニター・ポイントサイトに参加する








生活していると「金券」という物を手にする事があるだろう。金券というのは例えば次のようなものを指す。

  • ギフト券
  • 図書券
  • クオカード
  • 旅行券
  • itunesカードなど

 
何かしらの特典で受け取った事がある人が多いのではないだろうか?

 
あれば何かしらに使えるかもしれないが、「正直今はいらないなぁ・・・」というタイミングで金券を受け取る事もあるだろう。
いや、むしろ金券なら「正直お金が欲しい」と考えるのが本音の部分ではなかろうか。

 
そもそも金券はお金を直接渡すと卑しい贈り物になるので、卑しい部分を緩和する上で必要なものなのだ。正直「お金を受け取った」のと変わりはない。
これを「金券ショップ」で買い取ってもらう事で、「お金」にする事が出来る。

 
買い取ってもらうので金券と同額とまではいかないのだが「5000円分のギフト券」であれば「4800円」で買い取ってくれる事も多い。
借金返済中の状況では少しでもキャッシュを手元に置いておきたい所だと思うのでギフト券5000円分よりも、現金4800円の方が正直価値が高い。

 
不要な金券であれば金券ショップで買い取ってもらおう。

 
最近では「オンラインギフト券」という金券も出回っている。こういった金券は通常の金券ショップでは買い取りが難しい事がある。
そんな人はオンラインギフト券の買い取りサービスもあるので活用しよう。
例えば「ギフティッシュ」というオンラインギフト券の買い取りサービスもあるので是非登録してキャッシュポイントにしていただければと思う。

 
⇒オンラインギフト券買い取りについてはコチラ:いらなくなったAmazonギフト券を売りましょう!Giftissue








誰しも生活をしていれば「不満」を抱える事もあるだろう。人間関係・サービスなどなどいろいろな面で不満を持つ事が普通だ。
実はその「不満」というのは人(企業)によっては価値のある物となるのだ。

 
想像があまりつかないかもしれないが、「不満」を「有益なもの」として買い取ってくれるサービスがある。それが「不満買取サービス」だ。
不満に思う内容を投稿し、ポイントをゲットして、ポイントを更にはお金に換えることが出来る。

 
ストレスがたまっている人にとってはストレス解消にもつながるし、お金にも変えられるので適したサービスだと言える。
ストレス発散して借金返済も早める事が出来て素晴らしいサービスではないだろうか。

 
⇒不満買取サービスを利用する:あなたの不満、売りませんか?月最大2万円まで稼げます!



アンケートモニターに参加する
アンケートモニターというのは、インターネットなどからアンケートに応える物だ。
アンケートに答える事でポイントをためていき、ポイントを現金化する事が出来る。

 
空いた時間にちょっとアンケートに答えてポイントをため続ける事もできるので、手軽に行う事が出来る。
ちりも積もれば何とやらといった物で、小銭であっても毎日ため続ければ借金返済を1日でも早くする効果があるのだ。

 
アンケートモニターとしてお勧めの物が次のようなサービスだ、是非活用して1日でも早く借金を完済していただきたい。

 
それぞれのサイトのポイントはやはり換算してみると小さいものとなるので、一度全てに登録していろいろなアンケートに答える事が出来るようにするのがコツだ。
アンケートに応えたいけれども、アンケートそのものが少なければ稼ぐ事は難しくなり借金返済を早めるものとする事が出来ないだろう。
沢山登録して沢山のアンケートに答える。もちろん空いた時間を活用してだ。こうする事で借金返済を少しでも早める事が出来る。

 
特に難しい事が出来なくてもアンケートに答える事なら出来るので、簡単に稼いで借金返済の足しにしたい人にお勧めの方法だろう。

詳しくは「【借金返済】借金を早く返すコツ!空いた時間を活用しよう!」で紹介しているのでチェックしていってください。


 

 

 

借金返済が出来ない!諦める前に相談しよう



自分はピンチだ!という事を認識して、ピンチに対処する方法を知ろう
ギャンブルであろうとなかろうと、借金が返済できないという状況は誰にとっても苦しいものだろう。
確かに自分の今までの生活が原因で辛い思いをしているのであれば、第三者から見れば「当然」という受け止められ方をしてしまう事も少なくはない。

 
しかし、その状況が更に借金を作ってしまった人の心をすさんだものにし、心を閉ざしてしまう原因ともなりかねないのもまた事実だ。
「誰にも話せない」「誰にも知られたくない」「誰かに知られて虐げられるくらいなら死んだ方がマシ」こう考え、命を粗末にするような選択をしてしまう人が現代にもいる。
パチンコ屋で首を括ってしまった等の報道がテレビ、新聞などでも時折目にする事があるのではないだろうか?少なくとも俺は何度も見てきた事がある。

 
このような人たちに共通して言える事が一つある。それが、ピンチに陥った時の対処の方法を知らないという事だ。
人間だれしも生きていればピンチに陥る事がある。というよりもどう対処してよいかわからない事に対処しようとしている事そのものがピンチともいえる状況と言えるだろう。

 
自分が適切に対処する方法を知っていて、対処もできる状況であればもはや「ピンチ」とは程遠い「当たり前に対処できる事」になるのである。

 
つまりは、何が言いたいかというと、「対処できない事はピンチである」という事、「ピンチは適切な対処の方法を知って、対処できる事になって解消される」という事だ。


借金が返済できないと思ったら必ず専門家に相談しよう
借金が返済できないという状況は「ピンチに陥っている」状況である事はお分かりいただけただろうか?そして、ピンチは適切な対処方法を知っている事によって解消されるという事についても説いた。

 
では、ギャンブルで作った借金が返済でき無い場合にするべき事というのはどんなことだろうか?
そもそも、借金が返済できない!と困っている人は、生活を最大減節約したりといった努力をしてきたうえで「借金が返済できない」という思いを抱えている事だろうと思う。

 
そんな人がとるべき行動というのが「専門家に相談する事」なのである。


やったことが無い事は当然のことながら「不安」や「恐怖」が付きまとう物だ。だからこそ「借金返済が出来ない時の専門家」への相談も「不安」や「恐怖」が付きまとう事は十分に理解したうえでこの提案をさせて頂いている。

 
是非、「自分で借金返済が出来ない!」と感じたら専門家への相談をご検討いただきたい。


借金返済が出来ない時の相談先
ここまでで借金返済をする上で「専門家への相談」が必須である事、その必要性について説いた。
では、次にどこに相談すれば良いのか?という事に興味を持つことだろう。

 
借金返済が出来ない時に相談先はやはり、その問題に対してメインに扱っている専門家や、この問題に対して解決件数が多い事などがポイントとなってくるだろう。

 
ギャンブルで作った借金の返済が出来無いと感じたときの相談先としては例えば次のような相談先がある。それぞれ申込みなどもしやすいようにリンクなども掲載しておくので是非ご活用いただきたい。

 

  • 法律家専門の総合相談サービス
  • ジャパンネット法務事務所
  • おしなり法律事務所



法律家専門の総合相談サービスでは、借金返済が出来なくなった相談の他にも交通事故や遺産相続、詐欺被害等の法律に関する様々な専門家を探してくれるサービスだ。

 
業界トップクラスの事務所を探して紹介してくれたり細かい要望にも応えてくれるのでお勧めのサービスと言える。
好きな時間や場所の指定が出来たり土日の相談もOKなので、忙しい人にもピッタリだと言える。

 
相談窓口の紹介も無料で案内を受ける事が出来るので、まずは相談してどんな事務所が自分に合っているのか相談してみるといいと思う。
メディアにも掲載されているサービスなので利用にも安心感がある。

 
自分で判断するのが、難しい人や自分に合った事務所を探すのが難しい人が利用するのはぴったりのサービスだ。
法律家専門の総合相談サービスの詳細については次のリンクで詳しく紹介されているので是非チェックしていってほしい。

 
法律家専門の総合相談サービスの詳細はコチラ:法律問題・法律相談はこちら







ジャパンネット法律事務所は債務整理について専門的に取り扱っている法律事務所である。
債務整理についても経験豊富であり、困った時の相談先として申し分ない事務所だ。

 
また、過払い金請求といった事案も取り扱っており、場合によっては借金返済額そのものが軽減されたり、過払い金請求だけで借金がなくなる事もある。
過払い金の返還実績も総計で「5億円を超える」実績を誇り、「借金が返済できない!」と感じたら相談してみよう。

 
ジャパンネット法律事務所は次のリンクから申し込む事が出来るので是非活用いただければと思う。

 
⇒ジャパンネット法律事務所への相談はコチラ:▼借金問題の専門!








おしなり法律事務所は借金問題を取り扱っている法律事務所だ。
借金返済についての経験・実績も豊富で、無料相談もできるので借金が返済できないと感じている人も悩みを相談してみてはどうだろうか。

 
また、過払い金の請求実績も豊富なので、もし払いすぎている利息があれば請求する事もできる。
債務整理そのものの実績も豊富であり、その人の生活スタイルやライフプランに応じた提案を受ける事もできる。

 
おしなり法律事務所は次のリンクから申し込む事が出来るので是非活用いただければと思う。

 
⇒おしなり法律事務所への相談はコチラ:借金問題で実績のある「おしなり法律事務所」

詳しくは「【借金返済】ギャンブルで作った借金が返せない!諦める前に相談しよう!」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

スポンサーリンク





 - ギャンブル依存症 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

バイブルとなった本
【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症に効く本 行きたい気持ちを抑える為に

個人的な話ではあるが、俺はギャンブルをやめて6日だ。   時間が過ぎる …

元ギャンブラーが借金返済シュミレーターを作って見る宣言
【借金返済】借金返済シュミレーターを作ってみようと思う

「【借金返済】借金返済計画を立てる 借金を計算し完済までの見通しを立てる!」で紹 …

24時間テレビのチャリティーランナーの価値
【24時間テレビ】マラソンランナー城嶋茂が生んだ価値ある走り

ギャンブルをやめて5日が経過した。   最初の3日と比べるとかなり行き …

【パチンコ依存症】パチンコ依存症で借金 返済の計画とやること

パチンコ依存症になると、消費者金融に借りてまでパチンコをやるようになる。 パチン …

ギャンブルやめて9日目 : 心境の変化
【ギャンブル依存症】ギャンブル辞めた 心境の変化と苦しい思い

俺はギャンブルを辞めた。辞めてからしばらくたった。 俺の心の中には体でもわかるほ …

パチンコやめたい助けて! 自分を助ける方法
【ギャンブル依存症】パチンコやめたい助けて! 自分を助ける方法

パチンコをやっていて借金をこさえてしまった人は多いと思う。 誰か助けてほしい、パ …

パチンコで借金返済はできない! 甘い誘いに乗ってはダメ
【借金返済】パチンコで借金返済はできない! 甘い誘いに乗ってはダメ

最近の景気の低迷で生活が苦しい。給料も上がらない。 車を買ってローンを組んだが返 …

パチンコと借金依存 借金依存の原因の一つにパチンコがある
【借金依存】パチンコと借金依存 パチンコを続けると借金依存に?!

パチンコをすると、平気で借金をするようになる。 もちろん、誰しもが借金を最初から …

ギャンブルやめて11日目 : ギャンブルの好きだったところ
【ギャンブル依存症】ギャンブルが好きだった 好きだったところまとめ

ギャンブルが好き。 俺は今となってはギャンブル依存症を克服、ギャンブルから足を洗 …

パチンコ依存症と借金 パチンコに大金を使う理由を解説
【パチンコ依存症】借金してパチンコ パチンコに大金を使う理由を解説

ギャンブル依存症のなかでも、パチンコ依存症は多くの人を苦しめる依存症だと俺は思う …