ギャンブル依存症 克服

~ギャンブル依存を克服し輝かしい未来を手に入れるために~

【貧乏】貧乏生活を脱出する方法

   


貧乏生活に苦しんでいる人も多いのではないだろうか。
現代では、お金さえあれば何でも手に入ると言えるような時代になった。

しかし、逆を言えばお金が無い限り何も手に入らないような時代にもなってしまった。
自給自足の時代を終え、消費をする時代になったのだ。

そんな時代に生きていれば、お金の無い貧乏はとてもつらく苦しいものとなる。
お金が無ければ明日ご飯すら確保する事も、住居を確保する事すらも難しくなるからだ。

ここでは、そんなお金が無い貧乏な生活を脱出する上で大事な事と脱出法を述べている。
 

 
【貧乏】貧乏生活を脱出する方法

 

 

貧乏生活を脱出する方法は意外とシンプル


貧乏生活を脱出する方法というのは意外とシンプルで、「貧乏生活の原因となる物を排除する事」である事は言わずともわかる事かもしれない。
しかし、貧乏生活を送っている人にとっては「貧乏の原因」がなかなか排除できないからこそ、いま貧乏を送っている事だろうと思う。

貧乏の原因には理不尽ともいえる物も多くあり、人生やり直したい、他の人の人生を歩みたいと考えてしまう程、過酷な原因を抱えている事だろう。
しかし、貧乏な生活を脱出するには、かならず「自分」という存在が関わって来るものだ。

貧乏生活を脱出するには、まずは原因を特定する事が大事だ。

理不尽な内容であっても、最終的には「自分」が必ず関わってくるものだ。
まずは、自分がどんな自分だったか、という事を良くも悪くも認識してみる事から、貧乏生活を脱出するカギを手に入れていこう。

 

 

 

 

貧乏生活は何が原因なのか?


【貧乏】貧乏の原因 貧乏な生活を終わらせる為には必読!

貧乏というのは直接的な関係では「必要なお金に対し、収入・自分の貯蓄が足りない状態」だと言える。

貧乏というのは必ず「自分」が関わって来るものであり、自分の理想とする生活であったり自分、もしくは周囲の人間関係や自分の過去の行いの、一つの結果であるという事が出来るのだ。

では、少し「必要なお金に対し、収入・自分の貯蓄が足りない状態」という状態について掘り下げて見てみよう、すると新たな貧乏の形が見えてくる。

「必要なお金」      ・・・ 自分の理想とする生活に必要なお金や財産
「収入・自分の貯蓄が足りない」 ・・・ 自分・身内など、財布を共にする人たちの給与や用意していたお金が、理想とする生活には届かない状態

この関係性を見てみると必ず関わってくるのが「自分」という事だ。
貧乏であるという状態の正体は「自分が不満に思っている、一つの状態」ともいえる。
そして、自分の理想、自分・そして家計を共にする人たちの給与が理想に届かない事で、「自分・家族は貧乏だ」という「結論」を自分で出すのだ。


自分の「理想」が貧乏を生む 理想と支出・タイミングの関係
貧乏生活でいう「必要なお金」は「自分の理想とする生活に必要なお金や財産」と言い換える事が出来る。

理想の生活というのは、たとえその内容が素晴らしい考えであっても、まるで下衆と思われる様な内容であっても必ずと言っていいほど「支出」や「消費」が大前提として関わってきて、これは原理原則と言っても良いほどだ。

そして、理想の生活を手に入れようとする「タイミング」というのもとても大事だ。
例え、それがアナタにとって理想的で輝かしい物であってもタイミングをあやまれば、理想があなたを貧乏のどん底にたたき落とす事も少なくはない。
逆に適したタイミングで理想の生活を手に入れようとすれば、理想の生活はあなたに微笑んで、喜んであなたに幸せを持ってくることだろう。


収入・自分の貯蓄が足りない原因 準備ができているか?
貧乏での「収入・自分の貯蓄が足りない」状態というのは「自分・身内など、財布を共にする人たちの給与や用意していたお金が、理想とする生活には届かない状態」だ。

生活をしていく上では「支出」が必ずと言って伴う物である事は言うまではなく、支出は「収入」や「貯蓄」があって初めて成立する物だ。
支出が出来ない状態が「貧乏」と言っても良いだろう。
では、収入・自分の貯蓄が足りない原因を探ってみると意外と「準備不足」と「他人任せ」という事が一番の原因という事が出来る。

収入であっても貯蓄であっても、それは個人の裁量や努力で意外と改善される事が多いものだ。
収入であれば、今の会社よりもっとよい会社に入るためのアプローチをしたり、その情報を収集したりと自分で行動する事が出来る。
また、貯蓄であれば一時的な貧乏生活を送る事によって、支出よりも収入を増やす事で、貯蓄を増やしていく事もできるだろう。
貯蓄から「財産」を作りあげる事が出来れば、その価値を使って更なる収入アップを見込むこともできる。

しかし、これらに必要な事は「準備」と「自分でやる」事なのだ。

詳しくは「【貧乏】貧乏の原因 貧乏な生活を終わらせる為には必読!」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

 

貧乏生活を終わらせる方法

貧乏生活を終わらせる方法
貧乏生活を終わらせるには原因を特定し、そして排除する事が大事だ。
貧乏生活を終わらせる方法としては、言ってしまえばとてもシンプルで、貧乏生活を抜け出すことそのものは特別な事ではない。

 

しかし、「貧乏」というのは継続性があり、解消されるまでには時間がかかる。
ここでくじけてしまうと、更なる貧乏生活がアナタを待っている。

 

しっかりと、貧乏であるこの状況を打開する方法を考えて、自分自身でそれを受け入れ実行に移していく必要がある。
では具体的に貧乏生活を終わらせるにはどのようにしていけばよいのだろうか?

 

貧乏生活を終わらせる為には、次のような貧乏の脱出作業が必要になる。

  • 自分の理想の見直し
  • 自分の習慣の見直し
  • 自分のこだわりの見直し
  • 自分の収入を上げる方法を考え、実行する
  • 自分の支出を下げる方法を考え、実行する

 

自分の理想を見直す事で、「価値観」を正し貧乏であるという状況を打開する。
自分の習慣を見直すと、自分の生活に必要ない、新たな習慣を築き上げ、「理想の生活」に近づく為に必要な事を考えていく。
自分のこだわりを見直すと、貧乏から脱出する事を遠ざけている、状況を悪化させるようなこだわりについて気付ける。
自分の収入を上げる方法を考え実行する事で、自分の手にするお金を上げて行く。
自分の支出を下げる方法を考え、実行する事で、自分の手元に残るお金を増やしていく。
賢く貯蓄をする方法を考え、実行する事で、自分の持つ財産を作り、活用し、更に財産を産んでいく。

 

これらの作業を行う事で、「貧乏」なこの状況から脱出する事が出来るのだ。
では、もう少し詳細にこの内容について述べていこうと思う。

 

 

 

自分の理想の見直し 本当にそれは必要か?

自分の理想の見直し 本当にそれは必要か?
自分の理想を見直す事で、「価値観」を正し貧乏であるという状況を打開する。
自分の理想というのは人それぞれだろうが、分不相応な理想はタイミングと状況を考え、実行に移していくべきだろう。

 
高すぎる理想があればあるほど、「理想」は現実とのギャップを大きく痛感させる事になり、「貧乏である」という自分自身を評価する答えに直結する事になる。

 
まずは「今理想だと思っている事は本当にそれは理想的か?」という事に立ち返ってほしい。

  • 自分と他人を比較し、自分の方がただ優位に立ちたいだけではないか?
  • その生活を手に入れれば本当に幸せになれるのか?
  • それよりももっと優先すべき事はないのか?
  • ただ感情的に躍起になっているだけではないのか?
  • 一時的な快楽を得る事だけで、後の事なんて考えていないのではないか?

 
もし、本当に自分にとって「価値がある!」と胸を張って言えるのであれば、その理想については捨てるべきではない。
それはあなたのアイデンティティー、つまり自分らしさに関わってくることだから。

 

だが、自分にとって「価値があるのか?」と疑問に思ってしまうような、曖昧な理想であれば、それは自分にとって毒になっている可能性があるので、その様な理想は喜んで手放すべきだろう。

 

自分にとって本当に理想的な物はなんなのか?貧乏を抜けるには自分自身と向き合う必要があるだろう。

 

 

 

自分の習慣の見直し

自分の理想の見直し 本当にそれは必要か?
自分の習慣を見直す事で、自分の生活に必要ない、新たな習慣を築き上げ、「理想の生活」に近づく為に必要な事を考えていく事が出来る。
意外と自分自身の習慣によって、自分の首を絞めて、貧乏生活に拍車をかけている事も少なくない。

 

しかし、「習慣」というのは自分にとって、とても当たり前のような行動になっていて、自分の身体を自動的に突き動かし、自分自身では中々見直す事が出来ない。
そんな時は「自分自身の行動のログ」を残し、更に日記を付けるようにすると良い。
自分自身を客観視できるものを自分自身で残す事で、習慣化された自分の行動を改善していく事が出来る。

 

他人の言う事を素直に聞ける人は、他人のアドバイスに耳を傾ける事も大事だろう。
だが、他人の見ている事はほんの一握りの可能性があり、必ずしも正しいとはいえない。

 

自分自身の行動のログを残す事で、自分の習慣を見直し「あ~自分はいつもこれをやっているな」とか「不健康になるのにこんな事にお金をかけている」と「理想の生活を遠ざける自分の習慣」を見つける事が出来る。

後は一つ一つ丁寧に改善していけば、いつしか自分の習慣という物は改善されていくものだ。
理想的な生活に近づけば近づくほど「貧乏である」という実感は解消され、満たされた自分を手に入れる事が出来るのだ。

 

 

 

自分のこだわりの見直し

自分のこだわりの見直し
自分のこだわりを見直すと、貧乏から脱出する事を遠ざけている、状況を悪化させるようなこだわりについて気付く事ができる。
こだわりというのは、別の言い方をすれば「価値観」なのだが、こだわりは具体的な行動がついてくる事が多く、支出にも大きく関わってくることだ。

また、自分がどんな自分でいたいかという事も、こだわりの一つなのだが、これが生活を困窮させる程になっていると改善が必要になってくる。
これについては、具体的に自分の収集癖のようなものから、こだわりが見える事もあれば、良く使うサービスから見える事もあり、人によって「こだわり」がまちまちだろう。

異常なまでに育ってしまったこだわりは、「貧乏である」と苦しんでいる今の状況と比較すれば、状況を悪化させる原因となってしまう。
なかなかこだわりが捨てられないという人も居ると思うが、「なぜそれが必要か?」「他に代わる物はないのか?」「本当にそれが大事か?」という事を見てみよう。

それでも良いと思える物まで捨てようとは言わない。しかし、手放せるこだわりであれば喜んで手放す事も必要だ。

 

 

 

自分の収入を上げる方法を考え、実行する

自分の収入を上げる方法を考え、実行する
自分の収入を上げる方法を考え実行する事で、自分の手にするお金を上げて行く。これは誰しもが貧乏であれば意識する事だろう。
手に入るお金が多ければ多いほど、貧乏から遠のく事は周知の事実であるからだ。

 

しかし、「収入を上げる」事は難しいものと思われているが、実際のところはとても当たり前の理論で収入が決まる。
それは「責任が重く、他人の価値に寄り添い、それを与える人」こそが収入を多く得るという事だ。

 

多くの人が「多くのお金を稼ぎたい」と考えている世の中で「他人を稼がせる事の出来る、責任感のあるやつ」にお金は集中する。
これも原理原則と言っていいほどの関係だ。

 

多く稼げない業界もあるが、どんな業界にもミリオンプレイヤーはいる。
ミリオン程でなくても一般業種の数倍の収入を得ている人はいるのだ。

 

その人に共通する人は「他人を稼がせている」という事と「責任感があり、実際に責任も重い」という事だ。
そこを集中的に情報を集めたり、行動を起こしたり、思慮深く行動する訓練を積み、実際に行動を起こし続ければ、収入は今よりも大きく改善する事となる。

 

仕事をしていれば「何であいつの給料はあんなに低いの?」という人でも、時がたてば大抵、現在も良いポストについている事も多い。
この関係を頭に入れ「自分の収入を上げる方法を考え、実行する」事で貧乏から脱出していく事が出来る。

 

 

 

自分の支出を下げる方法を考え、実行する

自分の支出を下げる方法を考え、実行する
自分の支出を下げる方法を考え、実行する事で、自分の手元に残るお金を増やしていく事で貧乏を脱出していける。
なぜ支出を下げる事で「手元に残るお金を増やす」という表現を使ったかというと、自分自身が実際に働いたり財産として得られる財産量というのは、決まっているという考えの元だ。

高卒から大卒までのサラリーマンの一生涯に稼ぐお金の平均は、2億~2億5千万円と言われている。
平均値とは恐ろしいもので、生涯賃金に関わらず意外とこの範囲内におさまる事が多い。

つまり、支出を減らす事で、この生涯賃金から理想の生活に工面するお金を捻出していくという考えだ。
これには節約術が一番効果が高いのだが、無理な節約はリバウンドのような心理症状を伴う。

  • 本当に必要か?
  • お金を払う程の価値があるか?使い続けられるか?
  • ここで買うよりも安い仕入れ先は無いか?
  • これに代わるより安いものはないか?
  • 新品でないとならないか?新鮮でないとならないか?
  • 無料で手に入れる方法が無いか?
  • 本当に得か?他により生活スタイルに合ったお得な物はないか?
  • 緊急度は高いか?安くなるまで待つことはできないか?

こういった自問自答を用いる事で、自分の支出を極限までに下げていくのだ。
地道な作業に見えるかもしれないが、実際の月々の支出が劇的に改善される事も多いのが節約の良いところ。
また、習慣化すればなおよい。

自分の支出を下げる方法を考え、実行する事で貧乏な状態から、逆に裕福な状態になる事だって可能だ。

 

 

 

まとめ:貧乏生活を脱出する方法



貧乏生活を脱出する方法というのは意外とシンプルで、「貧乏生活の原因となる物を排除する事」である事は言わずともわかる事かもしれない。
しかし、貧乏生活を送っている人にとっては「貧乏の原因」がなかなか排除できないからこそ、いま貧乏を送っている事だろうと思う。

貧乏の原因には理不尽ともいえる物も多くあり、人生やり直したい、他の人の人生を歩みたいと考えてしまう程、過酷な原因を抱えている事だろう。
しかし、貧乏な生活を脱出するには、かならず「自分」という存在が関わって来るものだ。

貧乏生活を脱出するには、まずは原因を特定する事が大事だ。

しかし、「貧乏」というのは継続性があり、解消されるまでには時間がかかる。
ここでくじけてしまうと、更なる貧乏生活がアナタを待っている。

 

しっかりと、貧乏であるこの状況を打開する方法を考えて、自分自身でそれを受け入れ実行に移していく必要がある。
では具体的に貧乏生活を終わらせるにはどのようにしていけばよいのだろうか?

 

貧乏生活を終わらせる為には、次のような貧乏の脱出作業が必要になる。

  • 自分の理想の見直し
  • 自分の習慣の見直し
  • 自分のこだわりの見直し
  • 自分の収入を上げる方法を考え、実行する
  • 自分の支出を下げる方法を考え、実行する

 

自分の理想を見直す事で、「価値観」を正し貧乏であるという状況を打開する。
自分の習慣を見直すと、自分の生活に必要ない、新たな習慣を築き上げ、「理想の生活」に近づく為に必要な事を考えていく。
自分のこだわりを見直すと、貧乏から脱出する事を遠ざけている、状況を悪化させるようなこだわりについて気付ける。
自分の収入を上げる方法を考え実行する事で、自分の手にするお金を上げて行く。
自分の支出を下げる方法を考え、実行する事で、自分の手元に残るお金を増やしていく。
賢く貯蓄をする方法を考え、実行する事で、自分の持つ財産を作り、活用し、更に財産を産んでいく。

貧乏生活を送ってきた人がいるなら、貧乏というのは「明日からぱっと消えるものではい」という事を感じている人も多い事だろう。
貧乏によって心に傷を負う人もおり、必要以上に過敏に切り詰めた生活をする人も居る事だろう。

貧乏生活を脱出するというのは、状況が改善される他にも、貧乏生活を続けてきたから負った傷をいやす必要もある。
また、貧乏生活から受ける傷そのものを最小限に抑える必要もあるだろう。

何をもってして貧乏でなくなったとするかは、結局のところは、貧乏生活を送っているその人自身の判断だ。
そのためには自分自身の価値観にもメスを入れていく必要があるのだ。

「本当の貧乏は、心が作る」という事を忘れず、貧乏な状況を脱出していってほしい。

スポンサーリンク





 - 貧乏 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【貧乏】貧乏とは
【貧乏】貧乏とは 貧しい生活を終わらせる為に

お金が無い状況に悩んでいる人も多い事だろう。 必要なお金が足りない、お金が足りな …

【貧乏】貧乏生活とはどんなものか
【貧乏】貧乏生活とはどんなものか

貧乏な生活という物を今味わっている人も居るかもしれない。 貧乏とは程遠い裕福な生 …

【貧乏】貧乏の原因 貧乏な生活を終わらせる為には必読!
【貧乏】貧乏の原因 貧乏な生活を終わらせる為には必読!

お金がなく、貧乏な生活に困っている人は、「貧乏の原因」という物を意識する必要があ …

【貧乏】貧乏生活を乗り切るには 睡眠が大事!
【貧乏】貧乏生活を乗り切るには 睡眠が大事!

貧乏な生活をしていると体も心も疲弊してしまう。 貧乏はとてもつらいもので、貧乏人 …

【貧乏】生活苦と辛い状況 貧乏人の生活
【貧乏】生活苦と辛い状況 貧乏人の生活

俺は貧乏生活真っただ中の男の一人だ。 貧乏という物は正直つらいものだ。 他の人と …

【貧乏】辛い貧乏生活を乗り越えるのに大事な事
【貧乏】辛い貧乏生活を乗り越えるのに大事な事

貧乏生活を続けていると、体も心も疲れてしまう事だろう。 「何で自分がこんな状況に …

【貧乏】貧乏生活に疲れた時の「癒し」について
【貧乏】貧乏生活に疲れた時の「癒し」について

貧乏生活に疲れ果てた・・・ もう全てが嫌になってきた・・・ そんなことを考えてい …

【貧乏】貧乏人のメリット
【貧乏】貧乏人のメリット

貧乏という言葉にポジティブな印象を持つ人は少ない。 実際に基本的に貧乏というのは …