ギャンブル依存症 克服

~ギャンブル依存を克服し輝かしい未来を手に入れるために~

【ギャンブル依存症】パチンコで旦那・彼氏が借金 妻・彼女が言ってもギャンブルを辞めてくれない理由

      2015/11/07


旦那がパチンコで借金をしている。
子供が出来たのにパチンコをやめてくれる気配がない。
子供がいるのにパチンコをやめてくれない。
婚約者がパチンコを続けていつまでも結婚できない。

 
こんな経験をしている人がいるんじゃなかろうか?むしろ、今もそれで悩まされている人もいるかもしれない。
男女が働く時代になってきたとはいえ、男はやはり生計を立てていくうえで大黒柱になりやすい。
ギャンブルにのめり込んでいる旦那ほど厄介な存在はないのだ。

 
俺はまだ、妻も子も持っていないが、周りには妻も子も居て、それでもギャンブルにのめる込んでいる人がいるのだ。

 
妻はきっとかけがえのない存在だし、子供の将来の事を考えればギャンブルなんてしないのが当然だろう。
それなのに何故旦那はパチンコにのめり込んでしまうんだろう。

 
旦那さんがギャンブルで借金を作っていた、もしくは旦那が借金をしてまでギャンブルを続ける理由を述べていこう。

 

 
パチンコで旦那・彼氏が借金 妻・彼女が言ってもギャンブルを辞めてくれない理由
 

 

ギャンブル依存症の旦那・彼氏はどうすればいいのか?

どうすればいいのか結論から述べよう!
どうしてそうなったのか?という事を理解する事も重要だが、急を要している人も多いことだろう。
俺もギャンブル依存で借金をこさえてしまったのだが、一人身であっても借金返済はキツイ。

 
それが、守らなければならない妻や子供が居たら、俺は絶望の淵に立っていた事だろう。

 

 

 

パチンコに依存する旦那・彼氏に困った場合の選択肢

パチンコに依存する旦那に困った場合の選択肢
誰でも一度は頭に浮かぶ選択肢かもしれないが、あえてここでは書かせていただく。
パチンコに依存する旦那を持ってしまった場合の選択肢は次の通りだ。

  • 説得する
  • 治療する
  • 諦めて自分が働いて頑張る
  • 別れる

 
他にも選択肢はあるかもしれないが、代表的な選択肢としてはこんな選択をとる事が出来る。
女性の愛の深さゆえに浮かんでくる選択肢もあるかもしれない。

 
「その選択だけはしたくない!」という選択もこの中には含まれている事だろう。
しかし、怒らずひとつ深呼吸をして読み進めて頂きたい。

 

 

 

タイミングにあった選択をしよう

タイミングにあった選択をしよう
先ほど紹介した選択肢では「適切なタイミング」がある。
このタイミングというのが「パチンコへの依存度」で決まる。

 
これは、ギャンブル依存症だった俺が、負の連鎖を知って出した答えだ。あながち間違ってはいないと思う。

 

 

 

パチンコに手を出して間もなくであれば「説得する」が良い

パチンコを始めたばかりなら「説得する」がベスト
パチンコに手を出して間もなくであれば「説得する」が良い選択肢だ。
手を出して一回二回であればパチンコへの依存が弱いからだ。

 
しかし、手を出して間もなく「大勝ち」を掴んでいた場合は少々危ない。

 
パチンコは打った瞬間から依存が始まる。
依存症について詳しく知りたい場合は、「【ギャンブル依存症】なぜギャンブルをやめられないのか?脳と記憶に答えがある!」の記事を読んで頂きたい。

 
説得するのポイントがあるのだが、それは次の通りだ。

  • リラックスできる状況である事
  • 「なぜ」パチンコを打ったのかを聞く事
  • 自分の思いをはっきり伝える事
  • どうしていくかをはっきり決める事

 
旦那がパチンコに手を出したという事で、ショックを受けたり悩んでいる人がいるかもしれない。
しかし、そこで必要なの事が「冷静さ」と「リラックス」である。

 
そして「説得」の一番のポイントは「自分と相手がリラックスしているか」という事だ。
リラックス状態というのは心の防衛反応を鎮め、自分の言葉を相手の脳によく伝える効果があるのだ。

 
そして、自分の思いをはっきり伝える事が重要だ。ここで「ギャンブルが嫌い」という言葉を使わない事がポイント。

  • いつまでに赤ちゃんが欲しい
  • 子育てをこうしていきたい
  • お金がたまったら旅行に行きたい

 
前向きな自分の考えを伝える事が、ギャンブル精神を鎮める効果がある。
逆に「ギャンブルが嫌い」という言葉を使った場合は、ギャンブル心を強める恐れが大いにある!!(これは間違いない事実)

 
この言葉を使うとギャンブルを隠れてするようになり、依存度を高めるきっかけとなるのだ。
「ギャンブルが嫌い」という言葉は、ギャンブルに手を出してしまった当の本人しか使ってはいけない言葉なのだ。

 
最後に、「どうしていくかをはっきり決める事」も重要だ。
例えば赤ちゃんが欲しいのなら、先に貯金を作ろう!と決める事もできるだろう。
具体的に「200万円は貯金しよう」なんて所まで決められたらベストだ。

 
ここでのポイントは「二人がしたいことが一致している事」である。
二人が目指す将来を語り合って頂きたい。

 

 
この方法が向かないのは「ギャンブルを週に一回は行っている旦那や彼氏」だった場合だ。
何故なら「ギャンブルが習慣」になってしまった彼らには本当の意味で説得する余地はない。

 
それが「その人の生き様」としてしみついてしまっているのだ。
説得を試みてみるのも良いが、正直効果はほとんどないと言ってよいだろう。

 

 

 

 

ギャンブルが習慣化している場合は「治療する」がベスト

ギャンブルが習慣化している場合は「治療する」がベスト
「俺はギャンブルをコントロールしている」と言っている人ほど、ギャンブル依存症で「ギャンブルに”通わされている”」ケースが多い。
その人が他に習慣化してしている趣味があるだろうか?無いとしたらなぜ、その人は毎週・毎日パチンコに通っているのだろうか?

 
自分の事に当てはめて考えて頂ければ良くお分かりだと思う。

 
普通の趣味だったならともかく「ギャンブル」が対象だった場合、「ギャンブル依存症」が疑われる。
しかも、習慣化しているならかなり進行していると考えて良い。

 
ギャンブル依存を図るチェックリストは「【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症チェックリスト ギャンブル依存だったのか」でも紹介している。

 
この場合は「ギャンブル依存」を治療する事がベストだ。
その上で重要なのが「ギャンブル依存を認めさせること」だ。

 
治療の前の段階では本人が「ギャンブル依存を認める」という事が、一番難しい。
先ほども言った通り、本人は「依存しているのではなく、コントロールできている」と思い込んでいるからだ。

 
それ故に習慣化して体がパチンコに向いてしまっている。これを俺は「パチンコ依存のあべこべ」と呼んでいる。

 
「俺はギャンブル依存症の馬鹿どもよりも優位に立った存在である」と本人が思っている事もあり、その人に対して「ギャンブル依存症を治そう!」等と声をかけても効果的ではないのだ。

 
では、どうすればいいのか?
パートナーであるあなたも一緒になって「パチンコ収支表を一緒につける事」が効果的だ。

 

ギャンブルに依存してしまう人はパチンコによって「損」している事に気づいていない。
収支表を付けてみると、この「損」に気づきやすいのだ。

 
そして、収支表の付け方にはポイントがある。
「いくら使って」「いくら出たのか」を別々に管理する事だ。
そして、今までパチンコでいくらマイナスだったのか?を合計しておくことも大事。

 
例えば、30,000円使って20,000円の換金が出来た場合は。
収入:20,000
支出:30,000
—————
合計:-10,000
今までの合計:-10,000

 
このように書くのだ。そして、マイナスだった場合ははっきりと「赤文字」で収支を付ける事がベストだ。
「今までの合計」の項目は「すべてのパチンコによる収支」を合計する事だ。

 
これをしておくと、「ギャンブル依存症を認めさせる材料」として使う事が出来る。
そして、「いった日付」や「打った時間」もできれば記録しておこう。

 

 
この収支表を使ってできる話のシナリオは次の通りだ。

  • 今までパチンコやってきたけれど、全部見るとマイナスだよね
  • 時間だって何百時間もやってきてしかもマイナスも大きいね
  • もうパチンコ辞めようよ、おかしいよこんなの

 
ただ、「パチンコはやめて!!!!」という言葉よりも、ずっと相手にギャンブル依存症を認めさせる効果があり、スムーズに治療を開始する事が出来るのだ。

 
治療を開始するまでに大きな損失を抱えている可能性もあるので、そこは高い授業料だったと思って割り切るしかないだろう。
この先も損するかもしれなかった何百万、何千万円を守る事が出来たと思うしか、ギャンブル依存症を認めさせる方法はない。

 

 

 

諦めて自分が働いて頑張る

諦めて自分が働いて頑張る
これはいわゆる「男は紐」パターンだ。
正直、パチンコで失う金は私が稼ぐ!という考えだ。

 
どうしても相手と別れられない人が選択する方法の一つでもある。

 
では具体的に旦那・彼氏がパチンコ依存だった場合に、その負債を賄える年収を明かしてみるとずばり

 
「年収500万」

 
妻・彼女のあなたがパチンコ依存症の人のパートナーで、どうしても別れられないというのであれば最低これくらいは必要だろう。
年収500万円と言えば、勤める会社や正規か非正規の雇用なのか等の待遇によっても異なるが、手取り年収で「300万と少々」だろう。

 
パチンコ1年通って、300万円の負債を抱える事等、造作もないことなのだ。
そして、妻・彼女のあなたが頑張れば頑張るほど、旦那や彼氏にパチンコを続けさせる隙を与えてしまうという事もあるのでギャンブル依存症が自然に治る事は期待しない事。

 
「どうしてもほっとけないの」「あの人は私なしじゃだめなの」と言って別れる事が出来ないのであれば「あなたの年収500万以上の働きは必要」である事は承知しておいた方が良いと思う。

 

 

 

ギャンブル依存が重症で借金までしている場合は「別れる」がベスト

ギャンブル依存が重症で借金までしている場合は「別れる」がベスト
これは言わずとも、誰もが唱える言葉である。
というより、本来であればギャンブルに依存している人と付き合うべきではないと、自分も恥ずかしながら思う。

 
ギャンブル依存が重症化し、借金をしている人の場合は、あっという間に借金上限額まで行ってしまう事も考えられる。
そして、返済してもまた上限まで行って、今度は借金の金利がかさんで、それを「勝てば何とかなる」と思い込んでギャンブル依存が更に悪化して…という負のループが出来上がる。

 
この負のループに巻き込まれるべきではない。
もし子供がいるのであれば、このループに子供を巻き添えにするべきではない。

 
旦那・彼氏はあなたが居ながらギャンブルにのめりこんでいったのだ。
別れれば、あなたも大変な思いをする事も十分に考えられる。しかし、「一緒に居ればそれ以上に大変」である事は知っておく必要があるだろう。

 
なんにせよ「ギャンブル依存症が重症化」し、借金まで始めた場合は「別れる」事がベストである。
では次に、どうしていってもギャンブルをやめてくれないのか?という事について紹介していく。

 

 

 

 

妻・彼女が言ってもギャンブルを辞めない理由

妻・彼女が言ってもギャンブルを辞めない理由
さぁ、ここまでで旦那・彼氏がギャンブルを辞めない場合の対処について話してきました。
ここからは、本題である「いっても辞めない理由」について述べていこうと思う。

 
言っても辞めない理由としては次のような理由がある。

  • 自分を負け犬と思いたくない
  • ギャンブルをしないと「金」を稼げないと思っているから
  • ギャンブルを趣味だと思い込んでいる
  • ストレス発散だと思っている
  • 自分のことだから周りの人は関係ないと思っている

 

 

 

自分を負け犬と思いたくない

自分を負け犬と思いたくない
これは「俺はギャンブルで負けていない」と思い込みたい精神だ。
妻や彼女というのは、男が一番恰好つけたい相手でもあり、「負けたんだね」という事を言われたくないのだ。

 
そして「ギャンブルをコントロールしている」という思いも持っている為、「俺は負けていない」という気持ちに拍車をかける事になる。

 
男は闘争本能が強い生き物である。特にパチンコなどのギャンブルに手を出す人は危険を顧みず飛び込んでいくタイプだともいえる。
「特攻したんだから勝って当然だろ?」の精神なのである。

 
これは「男としての性」と言ってもいいだろう。

 
実際はギャンブルに負け、限りある貴重な時間を無駄に過ごしているのに、それを認めたくない精神が自分でも気づかないところで働き「言っても辞めない」状況を生んでしまうのだ。

 

 

 

ギャンブルをしないと「金」を稼げないと思っているから

ギャンブルをしないと「金」を稼げないと思っているから
もっと稼いできてよ!

 
あなたが口に出さなくても、メディアが男をこのように駆り立てる。

 
「旦那の収入が低くて子供が作れない」
こんな事を言われている記事を見たことがあるだろう。

 
ではどうすれば稼げるのか?仕事を頑張っても収入は上がらない、他に副業をする時間なんてない。

 
そう思っている所に「パチンコ」が目に入ってしまったらどうだろうか?
そんな状況で、たまたま座った台で1万円勝ったりしたらどうだろうか?

 
「パチンコはうまくやれば稼げる」

 
こう考えてしまうのだ。
このような状態になった場合は、あなたの言葉はもうその人の心に正常に届く保障が出来ない
「稼げない世の中」「稼げというメディア」が「パチンコの負債を生む世の中」を作ってしまったとも言える。

 

 

 

ギャンブルを趣味だと思い込んでいる

ギャンブルを趣味だと思い込んでいる
ギャンブルを趣味だと思い込んでいる場合はかなり「ギャンブル依存度」が高いと言える。
実際、パチンコの台そのものは「全然楽しくない」からだ。

 
パチンコ台は本当は「ゲームセンター」でも打つことが出来る、しかもパチンコ屋で打つよりずっと安価なのだ。
それなのに、なぜ旦那や彼氏はゲームセンターでパチンコを打たないのだろう?

 
本当は趣味ではなく、勝った先にある「金」を意識しているからに他ならない。

 
もっと正確に言えば「金を使って勝つか負けるかを試しに行く趣味」と言ったらしっくりくるだろうか。

 
つまり「パチンコが趣味」なのではなく、「賭け事が趣味」なのである。
生粋のギャンブラーに「ギャンブルやめて!」という言葉は、清掃員に対して「便所掃除なんてやめて!」と言っているのと同じなくらいに「君は何を言っているの?」という受け止められ方をする。

 

 

 

ストレス発散だと思っている

ストレス発散だと思っている
ギャンブルをストレス発散だと思っている場合は「ギャンブルを趣味だと思い込んでいる」ケースと非常に似ている。
本当は「パチンコは楽しくない」ゲームなのだ。

 

ストーリーもなく
自分はただ手を固定したり、レバーを叩くだけで
何時間もキャラクターが歩く画面を見て
当たったとしても刹那的

 
そんなゲームが楽しいワケもなく、本当ならばストレス発散に繋がるわけがない
しかし、パチンコには「【ギャンブル依存症】なぜギャンブルをやめられないのか?脳と記憶に答えがある!」で紹介したように、脳や神経系統への作用がある為、「ストレス発散である」と信じ込まされやすい。
つまり「ストレス発散」と言っている人は「ギャンブル依存度は高い」のだ。

 
そんな人を説得しようとしても至難の業である。

 

 

 

自分のことだから周りの人は関係ないと思っている

自分のことだから周りの人は関係ないと思っている
こんな考えの人は「自暴自棄」に陥っている。
つまり自暴自棄に陥る状況に、その人自身が立たされているのだ。

 
超自己愛主義者もこのような考えを持つが、ギャンブル依存のこれはもっとひどい状況を生むのだ。
「お前には関係がないだろ!」こんな言葉を発するようなら要注意、すでに「別れ」を意識した方がよいほど状況が深刻化している

 
具体的にはもう既に借金をしているか、今月・来月の生活も見通しが立たない状況という事もあり得る。
この時、ひとは「ギャンブルによって負けを取り返す!」と考える事が多いのだ。まるでパチンコ屋というATMに貯金をしたかのような考えを持つのだ。

 
しかし、この考えは誤りであり、単純に「店の利益となった」だけの話である。
こんな人に対して「辞めて」と言っても「いや!俺は負けを取り返すんだ!」と更に躍起になってしまう可能性がある。
つまりは、効果がないのだ。

 

 

 

 

パチンコをいつやめてくれるのか?

パチンコをいつやめてくれるのか?
では具体的にパチンコをいつ辞めてくれるのか?という事について述べよう。
パチンコをいつ辞めるのか?という問いに対しては次のような回答だ。

 

  • ギャンブルに依存している事を本人が認め、治療を始めたら
  • ギャンブルの為に人生のどん底に行ったとき

 

 

 

ギャンブルに依存している事を本人が認め、治療を始めたら

ギャンブルに依存している事を本人が認め、治療を始めたら
ギャンブル依存にいつ自分が気づくかという事が一番重要だ。
ギャンブル依存に気付くことに加え、ギャンブル依存症を治療する事も大切。

 
ギャンブル依存症は「依存」している事が問題なのだから、ギャンブル依存に気付いただけではダメなのだ。
依存は治療によって克服されていく事になる。

 
ギャンブル依存に本人が気づき、治療を開始すれば自ずとパチンコには足が向かわなくなるのだ。

 

 

 

ギャンブルの為に人生のどん底に行ったとき

ギャンブルの為に人生のどん底に行ったとき
人生のどん底というのは人によって価値観はさまざまだろう。
しかし大前提として「生活が出来ない」事が人生のどん底として想像できるのではないだろうか。

  • 今月・来月の生活をどうすればいいかわからない
  • 自転車操業の首が回らなくなった
  • 友人も誰も金を貸してくれない

 
このような時は、そもそもギャンブルにいく事もできないし、ギャンブルに行った事で自分がこのような状況になっているのだという事にも気づきやすい。
ただ、この場合は人生至上最悪のパターンなのでこのタイミングでやめるのは「遅い」といえる。
とはいえ、俺はこの状況だったのだが・・・

 
ただ、この時の決意は固いので自然とギャンブル依存の治療を始めている事だろう。

 

 

 

 

パチンコ依存はどこで治療できる?

パチンコ依存はどこで治療できる?
パチンコ依存になった場合の治療は大きく2つ考えられる。
それは次の通りだ

  • 自宅で治療
  • 専門機関で治療

 

 

 

自宅で治療

自宅で治療
自宅で治療する場合は、ギャンブル依存症に対して正しい知識や理解、自分に対する理解が必要となってくる。
知識や理解がない事には治療を進めていく事は難しい。

 
しかし、パチンコに依存し借金を抱えている場合はなるべくお金を掛けたくはないと考えるだろう。
そんな時は「【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症を自力で治療する方法と治療成功談」を参考にしていただきたい。

 
これは実際に俺がギャンブル依存症に悩み、考え、やってみたところ一番手ごたえがあった方法だ。
何よりも「自宅」がリラックスできる状況である事が大前提であるが、自分で治療したいという方は是非試していただきたい。

 

 

 

専門機関で治療

専門機関で治療
一番効果が高いのは専門機関だろう。

 
最近では身近な存在となってきた「精神科」の受診をお勧めする。
医師にギャンブル依存である旨を伝え、治療を開始する方法だ。

 

精神科は一番自分と相性のいいところを選ぶと良い。
精神科に通うことそのものがストレスとなっては、ギャンブル依存を悪化させかねない。

 
また、パチンコをやめた事で生活スタイルががらりと変わるので、依存の離脱症状が出て精神的に不安定になりかねない。
そうなったら薬も処方してもらえるので安心して治療を進めることが出来る。

 
また、集団療法というのもある。

 

 

 

パチンコで旦那・彼氏が借金 妻・彼女が言ってもギャンブルを辞めてくれない理由 まとめ

パチンコで旦那・彼氏が借金 妻・彼女が言ってもギャンブルを辞めてくれない理由 まとめ

最初にギャンブル依存症になっている人の対処について述べた。
依存度によって対処する方法が変わることを良く知っておく必要があるだろう。

 
「別れられない」という人はやはりそれなりの覚悟をしたうえで、旦那や彼氏と一緒にいる事は覚悟が必要だろう。

 
パチンコなどのギャンブルを辞められない人は、男の性ゆえの「負けず嫌い」が働いている事が多い。
負けを認めない事が「辞めて」という言葉が響かない理由の一つである。
そして、そもそもの根本として「脳や神経」が大きく関わっている事も忘れてはいけない。

 
脳や神経は、その人の価値観を生み、記憶しておく貯蔵庫のようなものだ。パチンコや賭け事がここを刺激しパチンコはいけないという価値観を変えたのであれば、それはもう病理的である。
なんにせよ、パチンコ自体は実際「面白くない」のである。

 
パチンコをやめるにはギャンブル依存である事を認め、その人が治療を開始する事がとても大切だ。
さもなくば、俺のように人生のどん底に来てからギャンブル依存に気付く事になるだろう。

 

 
治療をするには「自分で治療」と「専門機関で治療」の二つがある。
どちらが良いかは人によるが、「決意が固い人」なら自分で治療を進める事もできるだろう。
安心をとるなら専門機関で治療する事をお勧めする。

 

 
ここまで、色々な事を述べてきたが、ギャンブル依存症であった俺が思うのは「依存度と高い男と一緒にいるとろくな事はない」という事だ。
可能性が残っているならば賭けてみるのも良いが、それでも無理だと感じたのなら別れる事も選択肢に入れる事を忘れてはいけない。

 

 
最後まで読んでくれてありがとう!

スポンサーリンク





 - ギャンブル依存症 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ギャンブル依存症のチェックリスト 自分はギャンブル依存症なのか?
【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症チェックリスト ギャンブル依存だったのか

ギャンブル依存症は、それはそれは巧妙な形で自分の生活に入り込み、次第に自分の生活 …

ギャンブルやめて9日目 : 心境の変化
【ギャンブル依存症】ギャンブル辞めた 心境の変化と苦しい思い

俺はギャンブルを辞めた。辞めてからしばらくたった。 俺の心の中には体でもわかるほ …

パチンコ依存症と借金 パチンコに大金を使う理由を解説
【パチンコ依存症】借金してパチンコ パチンコに大金を使う理由を解説

ギャンブル依存症のなかでも、パチンコ依存症は多くの人を苦しめる依存症だと俺は思う …

ギャンブルやめて10日目 : そもそもギャンブル依存症って?
【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症とは? 依存症克服者が語る!

ギャンブルを辞める事が出来ない。 ギャンブルのことばかり考えてしまう。 勝った時 …

元ギャンブラーが「夢」を持ってみた!!
【ギャンブル依存症】ギャンブラーを辞めた男が夢を持つ いつか空飛ぶ夢を見る

あるところに おじいさんとおばあさんが居ました おじいさんは山へパチンコに行き、 …

パチンコをやめて良かった 充実した毎日を送る
【パチンコ依存症】パチンコをやめて良かった 待っていたのは充実した毎日

俺は今までパチンコやあらゆるギャンブルに手を出してきた。 勝ったり負けたりを繰り …

パチンコで人生を壊した話 親よりも先には死ねない
【パチンコ依存症】パチンコで人生を壊した話 親よりも先に死ねない

パチンコで人生を壊す奴はたくさんいる。 俺もその一人だ。   正直ギャ …

パチンコ勝ってる 本当に?
【パチンコ依存症】パチンコ勝ってる 本当は負けてるんじゃない?

パチンコをやっている奴に聞くと「今日は勝った」「今日は負けた」という話をする。 …

パチンコ依存症 辛い!辞めれない!なぜ?
【パチンコ依存症】パチンコに行くのが辛い!辞めれない!なぜ?

多くの人を苦しめているパチンコ依存症 パチンコを始めとしたギャンブルへの依存症患 …

【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症を自力で治療する方法と治療成功談

俺はギャンブル依存症だった、それもかなり重度の。 他にもギャンブル依存に悩んでい …