ギャンブル依存症 克服

~ギャンブル依存を克服し輝かしい未来を手に入れるために~

【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症再発 もうだめだとわかっていても・・・

      2015/11/07


最近、ブログの運営を滞っていました。
今までfanブログで運営していましたが、Wordpressでの運営に切り替えました。

 
皆々様どうぞよろしくお願いします。

 
それにしても、ギャンブル依存症が再発してしまった。。。
今日はギャンブル依存症を再発してしまった俺だからこそ書ける「ギャンブル依存症 再発の気持ち」について書いてみようと思う。

 

 
ギャンブル依存症再発 もうだめだとわかっていても・・・
 

 

再発のきっかけは「軽い気持ち」だった

再発のきっかけは「軽い気持ち」だった
以前、ブログを運営していた時は無職となり、専門学生をやっていた。
専門学校とはいえ半年程の資格を取るための学校だったので半年して晴れて修了、今月から就職し介護施設で働くことになったのだ。

 
何で介護なんだ?という話はまた今度しようと思う。まぁ簡単な話誰かの役に立ちたかったというくらいに今は考えていていただいて構わない。

 
仕事先の通勤では車を使っている。
その通勤経路上に「パチンコ屋」の掲示板があるのだ。

 
正直、介護だけでは収入が苦しいのは重々承知の俺は、ふと目に入った電光掲示板に目が奪われた。

 
「一回だけなら・・・今回だけ勝てるかも?」

 
この考えが甘かった。
俺は電光掲示板に誘われるままパチンコ屋へと足を運んだのだった。

 

 

 

 

台の前に座った時「旧友」に会ったような感覚に襲われた

台の前に座った時「旧友」に会ったような感覚に襲われた
以前俺は、ギャンブルをやめる事は恋人と失恋するような感覚であると「【ギャンブル依存症】ギャンブル辞めた 心境の変化と苦しい思い」の記事でつづった。

 
しばらくぶりに座った台の感覚は「元カノ」のような感覚ではなく、「旧友」にあったような感覚だった。
俺は良さげな台を探し、何の抵抗もなく座った。そして「よっ!元気だったか?」と言わんばかりに札をだし、メダル貸出機に入れてしまったのだ。

 

 

 

 

1日目は勝った(?)しかし、それも続かない

1日目は勝った()しかし、それも続かない
1日目は引きが良かったのか投資額に対してペイが大きく出た。
そして、以前はまっていた時の甘いささやきが聞こえた気がした。

 

 
「このまま勝ち続ければ生活は安泰なんじゃないか?」

 

 

そんなことは極めて困難な事は重々以前の記憶から承知している。
しかし、依然決意した時から時間がたっていたこともあり、その甘いささやきを受け入れてしまったのだ。

 
そして、俺は日を空けて二日目、三日目。。。とパチンコ屋に足を運ぶことになる。
勝ったり負けたりを繰り返しながら、俺のお金はじわじわと減らされていったのだった。

 

 

 

 

最悪な感覚 ギャンブルに対する焦燥感

最悪な感覚 ギャンブルに対する焦燥感
ギャンブル依存症が再発したことを身を持って感じた。
さすがにじわじわと減らされたお金を目にして「やっぱダメか」と頭で感じ、スロットをやめようとまた決意した。

 
するとどうだろうか、以前ほどではないにしろ

 
焦燥感を感じる

 
この感覚はギャンブル依存で一番苦しめられる感覚だ。「【ギャンブル依存症】ギャンブル辞めた 心境の変化と苦しい思い」で紹介した「恋人と別れる感覚」が再燃したのだ。

 
それにも加え、今の俺は収入が少ないこともあり「稼がなければ」という考えが出てきたのだ。

 

そもそも日本は稼ぐとなると「仕事」するしかほかない(富裕層の場合は知らんが)
仕事に対する報酬は次月に持ち越されるシステムである事が大半なので、今お金を欲している俺には「パチンコへ行く」他に考えが浮かばなかった。

 
つまり「負のループ」がここで出来上がったのだった。

 

 

 

 

パチ屋へ行き続ける、そして限界へ・・・

パチ屋へ行き続ける、そして限界へ・・・
自分の欲に勝つことが出来ず、パチンコ屋へ生き続けた結果、結局トータルで大損をしてしまった。
勝ったり、負けたりを繰り返し、トントンのようにも思えたが、当たりを追う事に躍起となってしまい大金をつぎ込んでしまったのだ。

 
1日目で3万、2日目で5万、三日目で6万負けてしまい、結局最悪な結果を生んでしまった。

 
そして、とうとう今月の見通しが立たなくなってしまった、正直来月の見通しもまだ立っていない。

 
とりあえず、今月分の借金返済だけはどうにか工面できそうだが、それでもほとんど自転車操業状態になってしまったのだ。
来月も考えなければ首も回らない。

 

最後の日にスロットを打ちながら俺は札をメダル貸出機に突っ込みながらこう思っていたんだ。
「地獄の底まで付き合うぞ」
「お前は必ずふきあげるんはずだ」
「どうにでもなってしまえ」

 
結局本当に限界まで行ってしまい、そして地獄の底に来てしまったのだ。

 

 

 

 

何故、心のストッパーが外れたのか?

何故、心のストッパーが外れたのか?
いま俺は地獄の底だ、自業自得でこの場所にいる事もよく理解している。
それでも誰かに助けてもらいたいという気持ちも残っている。無様で情けない。

 
ここで今一度自分を見つめなおしてみる必要がある。

 
半年前は”絶対に行かない”と決め、その気持ちも本物だった。
実際、ほぼ毎日ギャンブルをしていた俺にとって半年もギャンブルから離れていた事さえも奇跡に近い出来事なのかもしれないが、それでもギャンブルの無い生活を見出してきていた。

 
それにしても、半年前にあったはずの「心のストッパー」が、どうしていとも簡単に外れてしまったのだろうか?

 
色々考え、俺はある結論に至った。

 
「ギャンブルを良くも悪くも意識しなかった期間が長くなると再燃しやすい」

 
この考えが、俺が抱いた感覚をより表現していると思う。

 

 

 

 

何故ギャンブルを意識しない期間が長くなると依存症が再発しやすくなるのか

何故ギャンブルを意識しない期間が長くなると依存症が再発しやすくなるのか
人は悪い記憶は良い記憶に補完するか、忘れてしまう生き物であると誰か偉い人が言っていた。
ごもっともだと思った。

 

実際、スロットで当たりを引いていない間が長くなっても当たりを引けば「今日はいい日だ」という感覚になる。
逆に「なんだよくそ!今日は全然でなかった」という日であっても次の日になればその嫌な感覚は忘れてしまう。

 
それと同じように「ギャンブルやらない!」と決めた決意は、俺のなかでとてもネガティブな物だった。
当時の決意は固かったが、時がたつとともにそれを意識する事もなくなったのだ。

 
そして、今回たまたま目に入った電光掲示板・・・良い思い出となったギャンブルは俺の事を甘く誘ってきたのだ。
パチンコ屋へ足を運んだ俺は甘いささやきと甘い蜜を吸いウツボカズラの中に身を落とす事となってしまった。

 

 

 

 

どうすればギャンブル依存症の再発を防げるのか

どうすればギャンブル依存症の再発を防げるのか
ネットで調べたが、やはりギャンブル依存症は再発しやすいとの意見が多い。

 
今回の俺の体験を踏まえ、どうすれば抜け出せるのか考えた。

 
とにかくこれまで出てきた要素を整理してみる。

  • ギャンブルをやめると決意した時、間違いなく本気の気持ちだった
  • 半年間はギャンブルから離れる事に成功している
  • 時がすぎ、ギャンブルの事を意識する事がなくなった
  • 意識せずギャンブルの広告を見たら「今日は勝てるんじゃ?」って気持ちがわいてきた
  • 何かしらの満たされない感情を持っていた(金銭でも人間関係でも何でもいい)
  • 人は悪い思い出はいい思い出にするか、忘れる生き物である

 
この事からわかる事は、「俺はギャンブルを意識しなさすぎて、やめる決意すらも忘れていた」事がわかる。実際俺自身自覚があるんだ。
そして「ギャンブルの甘いささやき」と「満たされない感情」がマッチし、俺のニーズとなってパチンコ屋へ足を運ぶ次第となったわけだ。

 
ここでの一番のポイントは

 

 
「決意を忘れない事」

 

 
これに尽きる。
何よりも「決意」の効果が持続している間は俺はギャンブルには手を出していない。

 
しかし、人の記憶は揮発性であり、使われない記憶はどんどん消去されていくとも言われている。
つまり「ギャンブル意識しない」=「ギャンブルをやめる決意も消去される」と言っても過言ではないのではないだろうか。

 
つまり「決意を忘れない様にする工夫」をする事が重要なのだ!と考えた。

 

 

 

 

ネットで言われている依存症対策は効果があるのか?

ネットで言われている依存症対策は効果があるのか?
よく「依存症の対策」として持ち上がっている対策として「お金を持たない」だとか「パチンコ屋の前を通らない」という対策が上がる。
「パチンコ屋の前を通らない」事は確かに重要だと思う。しかし、「つい通ってしまった」俺のような場合は正直それだけでは足りない気がする。

 
また、お金を持たないというのは正直対策でも何でもない気がする。
今のパチンコやスロットの台は当たったらその場で当てるのではなく、しばらく何回か回して規定回数までプレイする事でようやく当たりとする事が多いのだ。

 
つまり「お金を持たない状態で打ちに行っても、お金をおろしてしまう」危険が非常に高いのだ。つまりこれは没となるのではないだろうか。

 
「使うお金の金額を決める」というのは高い効果を発揮しそうな安だがこれもボツだ。
なぜなら先ほど言った「当たってもしばらく回す必要がある」事がこの問題を困難にするのだ。
そして当たったかのように見せるガセ演出が更に、この対策方法の邪魔をするのだ。(まぁ人によるんだろうけど)

 
「7がそろっちゃうんじゃ!?」って状態で「お金の上限に来たからやめよう」なんて奴はいないのだ。

 

 

 

 

決意を忘れない方法とは?

決意を忘れない方法とは?
「決意を忘れない方法」について俺なりに考えた。
紙に書いた、言葉にも出してみた。

 
それでも俺はいつしか決意を忘れてしまったのだ。
俺はこれまでの反省から色々調べて、考えて思いついたのだ。

 
「まるで音楽のように聞ける”決意”があればいいんじゃないか?」
音楽じゃなくてもいいんだが“耳に残る”事が俺の考えるポイントだ。

 

紙に書いたり、それを目で見たり、口に出す行動には「意識する必要がある」事が良くも悪くも働くのだ。
簡単に言うとギャンブルを克服したかのように感じると、忘れていく行動になる。

 
しかし、耳で聞く行動は「意識して聞く」事もできるし「無意識に聞く」こともできるのである。
よくプロになるなら会話の中に生き続けろと言われる所以もここからくるのである。

 
考えたら行動!の俺は早速「iphone」を使う事にした。
使うのはiphoneの「ボイスメモ」だ。

 
この機能では音楽のように聞くのは難しいのだが、自分の声を録音できるし、削除・追加程度の簡単な編集ならできてしまうから便利ものだ。
ボイスメモに「自分のギャンブルをやめる決意」を吹きこんだら、あとはひたすらそれを聴くだけだ。

 

 

 

 

決意を忘れない方法をやってみた効果は?

決意を忘れない方法をやってみた効果は?
ギャンブル依存症を克服するぞ!という決意をボイスメモに吹き込んで聞き込んだ俺は

 
「ギャンブルに足が運ばないぞ?」

 
という事に気が付いた。
特にギャンブルに行きたくなる瞬間というのは今までの経験で理解している。

 

  • 休みの日の起きた直後
  • 仕事の帰り道
  • ちょっと空いた2~3時間程度の暇
  • 満たされない感情が湧いてきたとき
  • 心が疲れている時
  • ドライブしている時

 
こんなタイミングで俺はギャンブルへ足を運ぶことが多いのだ。

 
そのタイミングで少しでもリラックスした状況を作り、ボイスメモに吹き込んだ自分の決意、嫌だった気持ちを繰り返し聞くようにした。
するとどうだろう、確かに体がムズかゆくなる感覚(要するにちょっと行きたい)感覚を覚えるのだが、「行こう!」と言ってパチンコ屋へ足を運ぶことがなくなった。

 
完全ではないにしろ、依存を克服するには絶大な効果を発揮するツールとなってくれているのだ。

 

 

 

 

ギャンブル依存症再発 もうだめだとわかっていても・・・ まとめ

ギャンブル依存症再発 もうだめだとわかっていても・・・ まとめ
俺はパチンコへ行ってしまった懺悔のような気持ちでこの記事を書きました。
もうギャンブルには行かないと決めたのに、結局再発させ更に状況を悪化させてしまった自分自身に罪悪感が半端なかったのです。

 
そして、色々考え、反省して今ではまた再びギャンブル依存症克服の為の道を進み始めています。

 
ギャンブル依存症で悩む人の大半は、「もうギャンブルはやらない!」と本気の気持ちでやめようとしています。
しかし、それもうまくいかず、再発の繰り返しです。

 
とにもかくにもギャンブル依存を克服する事こそが、ギャンブルにはまっている人の一番の幸せをつかむ道のりとなる気がします。(プロで飯食っている人はこの限りではないと思いますが)

 
今回、ギャンブル依存症の再発という事で色々と自分の経験も踏まえまとめてみましたが、これがギャンブル依存症に悩む人たちの再発を防止する助けになればと思います。

 
ギャンブルを克服して安心できるような生活、欲しかったものを手に入れられる生活を手に入れましょう!そして夢を掴みとりましょう!

 

 
最後まで読んでくれありがとう!!

スポンサーリンク





 - ギャンブル依存症

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

元ギャンブラーが借金返済シュミレーターを作って見る宣言
【借金返済】借金返済シュミレーターを作ってみようと思う

「【借金返済】借金返済計画を立てる 借金を計算し完済までの見通しを立てる!」で紹 …

ギャンブルやめて9日目 : 心境の変化
【ギャンブル依存症】ギャンブル辞めた 心境の変化と苦しい思い

俺はギャンブルを辞めた。辞めてからしばらくたった。 俺の心の中には体でもわかるほ …

借金返済の計画を立てる その1(借金いくら?)
【借金返済】借金返済計画を立てる 借金を計算し完済までの見通しを立てる!

俺はギャンブルに手を出して多くの借金を背負ってしまった。 借金を返済するに当たっ …

ギャンブルやめて10日目 : そもそもギャンブル依存症って?
【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症とは? 依存症克服者が語る!

ギャンブルを辞める事が出来ない。 ギャンブルのことばかり考えてしまう。 勝った時 …

【ギャンブル依存症】パチンコで旦那・彼氏が借金 妻・彼女が言ってもギャンブルを辞めてくれない理由

旦那がパチンコで借金をしている。 子供が出来たのにパチンコをやめてくれる気配がな …

ギャンブル依存症のチェックリスト 自分はギャンブル依存症なのか?
【ギャンブル依存症】ギャンブル依存症チェックリスト ギャンブル依存だったのか

ギャンブル依存症は、それはそれは巧妙な形で自分の生活に入り込み、次第に自分の生活 …

なぜギャンブルをやめられないのか?脳と記憶に答えがある!
【ギャンブル依存症】なぜギャンブルをやめられないのか?脳と記憶に答えがある!

今回からはギャンブル依存症を裏付けるさまざまな話を用いてギャンブル依存症の克服に …

パチンコ依存症 辛い!辞めれない!なぜ?
【パチンコ依存症】パチンコに行くのが辛い!辞めれない!なぜ?

多くの人を苦しめているパチンコ依存症 パチンコを始めとしたギャンブルへの依存症患 …

パチンコで借金して後悔した話 借金と人生
【パチンコ依存症】パチンコで借金して後悔した話 借金と人生

借金をしてまでパチンコを打ってしまう人は多い パチンコを打った時の高揚感、確変に …

妹がパチンコで多額の借金 パチンコは家族を悩ませる
【パチンコ依存症】妹がパチンコで多額の借金 パチンコは家族を悩ませる

ギャンブルは人生から多くの物を奪う。 そして、本人からだけでなく、周りの人からも …